ホワイトハウスダウン…ちょっとずつ全部平均以上  - 映像ぴっか!

ホワイトハウスダウン…ちょっとずつ全部平均以上 




同時期に公開された「エンド・オブ・ホワイトハウス」となにかと比較される、
ローランド・エメリッヒ監督の「ホワイトハウス・ダウン」です。
2013年のアクション作品ね。

まぁ両者は見事に似てますわ。
ホワイトハウスをテロリストが占拠して、
軍が出動するも先読みされており、
1人のヒーローと子どもが大活躍してみんなを救うとか。
もう両方の映像ちょこちょこ入れ替えても気づかないぞってくらい。

それでもオレはこっちの「ホワイトハウス・ダウン」の方が面白かったです。
あれだ、エメリッヒ作品ならではのエンターテイメント性というか、
余計な整合性とか考えずアクションに徹してるというか、
もう好きに作ってるねぇっていう良さですかね。
まぁ相変わらず米軍礼賛の映像が多いんで、
そのへんに嫌悪感のある人はうんざりしちゃうかもだけど。
それはほら、エメリッヒ監督なんだからしょーがないじゃん笑

テロリストの襲撃が始まるまでの序盤が意外と長いです。
あとで気づくんだけど、ストーリー的に
ある程度長くしなきゃなんない理由があるんだわ。
ここじゃ言わないでおくけどさ。
退屈させないように、ホワイトハウス見学ツアーで
美しい映像を挟みながら、各キャラクターの背景を説明するという、
なかなか上手な進め方をしてます。


オレ基本的に子役って嫌いなんだよね。
なんか、下手すぎて全くの飾り物になるか、
いかにも養成所っぽいしゃべり方のどっちかじゃん。
ライバル作品(?)の「エンド・オブ・ホワイトハウス」にも子役は出てくるんだけど、
これがまたなーんにも演技できないのね。
普通に考えたらキャストからはずすだろって思うんだけど、
大人の事情かなんか知らんけど長々と出てくる。

でもね、こっちの「ホワイトハウス・ダウン」の子役ジョーイ・キングはとっても良かったよ。
んまぁ確かに、大統領の熱狂的なファンである11歳の政治オタクという、
ちょっと考えればおかしな設定だし、
最初っからやたら前面に出てくるんで(また大人の事情か?)、
確かに違和感はあるんだけどさ、
最後は彼女の大活躍に思わずガッツポーズしてました。
いかにも現代っ子という自然な演技がうまいっすね。
日本と違ってやっぱハリウッドは人材豊富だなぁ。

ということで、
ものすごい傑作ってわけじゃないんだけど、
1年に1回ぐらい見たくなる「インディペンデンス・デイ」のような、
ハズレの少ないエメリッヒ監督らしい映画でした。


【今この場で見られる!Amazon オンデマンド情報】
ホワイトハウス・ダウン (字幕/高画質)  購入 ¥1,200
ホワイトハウス・ダウン (字幕/標準画質) 購入 ¥900
ホワイトハウス・ダウン (吹替/高画質)  購入 ¥1,200
ホワイトハウス・ダウン (吹替/標準画質) 購入 ¥900

【DVD/Blu-ray情報】



FC2Ad