ハート・ロッカー…昼と夜、心の色分け - 映像ぴっか!

ハート・ロッカー…昼と夜、心の色分け





 今日は日本で公開されたばかりの「ハート・ロッカー」をいち早くお知らせ。
2008年のアメリカ映画です。
アバターをぶっちぎってオスカーをぞろぞろ取ったね。
イラクでの米軍爆弾処理班のお話です。

んで、オレ完全に勘違いしてたんだけど、
爆弾処理ってのはこう「幾重にも張られたブービートラップをひとつずつ解除し、
どっちのワイヤーを切るかでハラハラ」みたいな感じだと思ってたのね。
でもそれは犯罪捜査の爆弾解除なわけで。

この作品でとりあげるのは戦地における爆弾処理、ってか不発弾処理だわ。
だから仕組みはプロが見ればすぐわかるらしく、
割とあっさり解除しちゃうか、
あっさりあきらめてみんなでダーッて逃げちゃいます笑

まぁ、一見任務をナメくさってるような主人公だけど、
その心は意外と繊細で責任感が強かったりします。
その昼と夜の違いに注目した心理描写は確かにうまいと感じました。

ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティガイ・ピアース/クリスチャン・カマルゴ/レイフ・ファインズデヴィッド・モース/エヴァンジェリン・リリー

ただねぇ…いかんせん「地味」なんだわ。
今流行りのドキュメンタリー風の作りだから音楽もあんまりないし、
爆弾解除っていう性質上、派手なアクションもない。
舞台は砂漠と白い石の瓦礫しかないし、みんな軍服だから色合いも地味。
いや確かに「ひょっとして爆発するかも…」っていう緊張感はあるよ。
でも最初だけ。

だってさ、いわゆる「映画的なお約束」が多すぎるんだもん。
一段落ついてホッとした瞬間にドカーンとか、
どう見てもそのソファーは座っちゃダメだろとか、
街の人々とリラックスしてたわむれてるシーンとかあると
「あらー死にフラグ立っちゃった」ってわかっちまう。

それほどベタってか、いわゆる教科書通りなのね。
なんかひねったエンディングが待ってるのかと思いきや、「え?」だったし…。

ということで、アカデミー賞6部門はおめでとうだけど、
オレ的には「ごく普通」でした。





FC2Ad