Dr.パルナサスの鏡…2010年版「未来世紀ブラジル」 - 映像ぴっか!

Dr.パルナサスの鏡…2010年版「未来世紀ブラジル」




 主演俳優が撮影途中に急死しちゃったという、
テリー・ギリアム監督の最新作「Dr.パルナサスの鏡」です。

テリー・ギリアム監督は「未来世紀ブラジル」、「12モンキーズ」、
ラスベガスをぶっつぶせ」など、硬軟さまざまな作品を手がけてます。
(「12モンキーズ」はめちゃくちゃ好き、「ラスベガス~」はまぁ普通、
「未来世紀ブラジル」は…すいません笑)

ストーリーその他は予告編でも見てもらうとして、簡単に言えば
「悪魔との取り引きで不死を手に入れたパルナサス。
彼の瞑想中に現れる鏡は『理想の世界に入る込んで体験できる』
というものだった…」みたいな感じ。

まぁストーリー的なものもなんやかやあるけど、
結局はこの夢の世界をスクリーン上で体験できるってのが売りだと感じました。

ヒース・レジャー/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/コリン・ファレルクリストファー・プラマー/トム・ウェイツ/リリー・コール/アンドリュー・ガーフィールドヴァーン・J・トロイヤー/ピーター・ストーメア/パロマ・フェイス

この手のガチファンタジーもいろいろあるけどさ、
理解するのが難しくて楽しい作品の代表が
「チャーリーとチョコレート工場」だとするなら、
この「Dr.パルナサスの鏡」は、
理解するのが難しくて楽しくない作品だと言えます笑

これね、別にけなしてるわけじゃなくって、
オレの感性に合わなかったということです。
人によっては大絶賛になるかもしれない作品だと。

なんて言えばいいのかな、
例えばダリの絵を言葉で説明するのがナンセンスなように、
この映像の感想をだらだらここに書いても意味がないんだろうなって。
そんな映画です。
最も近い映画を挙げろと言われれば、
やっぱり「未来世紀ブラジル」になると思いますよ。

主演のヒース・レジャーが亡くなったものの、
友人であるジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが
「鏡の向こう側の夢の世界」を演じることで、どうにか完成にこぎつけたと。

そんな、妥協とも美談ともとれる話をオレはもともと聞いてたんで、
この代役の3人が鏡の中で「現実世界との顔の違いに驚いている」という演技は
逆に不自然だと感じました。

Dr.パルナサスの鏡 [DVD]

新品価格
¥2,407から
(2013/5/2 12:10時点)




FC2Ad