少年メリケンサック…子どもに中指立てさせる悪趣味 - 映像ぴっか!

少年メリケンサック…子どもに中指立てさせる悪趣味




カチンコ「少年メリケンサック」です。2009年の邦画。

佐藤浩市が目当てで見てみたよ。話題作だったからそれなりに期待はしてたんだけど,結論としては「…うーん…これは…」って感じでした。
なんかセリフ回しとかストーリー構成が,いかにも安い邦画って感じで新鮮味がなかったし,ちょっと前に見た「デトロイト・メタル・シティ」が面白かったもんだから,似たテーマのこの作品は途中で飽きちゃった。
主演の宮崎あおいのための映画って感じかな。彼女は若いコの等身大の演技って感じで良かったけど,佐藤浩市も含めてその他の大物どころがあんまり出てこないのも残念。

あとさー,パンクがテーマだから,破壊だの暴力だの汚い言葉だのが出てくるのは別にいいと思うわけよ。オレはそういうの嫌いだけど,作品が良ければ特に不快ではない。
例えば「トレインスポッティング」な。あれってぱっと見で薬物中毒を肯定してるシーンがあるんだけど,それを打ち消すぐらい作品全体の良さがある。だから不快じゃないのよ。

ところがっすね。この「少年メリケンサック」のあるシーンでは,パンクが一般の人にも人気出始めたぞーってことを伝えたかったんだろうね。演技の意味もわからない幼児たちを集め,この子たちに両手中指立てさせて「毒殺毒殺(撲殺かな?)」って連呼させてる。
さすがにこれは悪趣味だと思いました。結局このシーンが最後まで頭から離れずに終了。

ま,この映画を家族みんなで見てみようって大人はさすがにいないだろうけど,「残念ながらオススメせず」としておきます。

少年メリケンサック [Blu-ray]

新品価格
¥3,309から
(2013/5/2 12:36時点)




FC2Ad