スポンサーサイト - 映像ぴっか!

BOLT…最初の5分がめちゃ面白い - 映像ぴっか!

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BOLT…最初の5分がめちゃ面白い




カチンコさ,ディズニー祭りの最初は2008年「ボルト」だよ。

簡単に言えば「ファインディング・ニモ」みたいな感じです。
「ハリウッドの人気スター犬ボルトが,悪の手によってさらわれた(とボルトだけが思い込んでる)飼い主を探し,彼のスーパーパワー(とボルトが思い込んでる)を使って(いやもちろん実際は使えないんだけどさ笑),悪の手先(とボルトが勘違いしてる)黒ネコや,デブでオタクのハムスターと一緒に大陸横断の旅をする」ってストーリー。
や,普通に面白かったよ。良く言えばハズさない映画,悪く言えばいかにもディズニーが作りそうな映画って感じ。
ジョン・トラボルタ(佐々木蔵之介)/マイリー・サイラス(白石涼子)/スージー・エスマン(江角マキコ)マーク・ウォルトン(天野ひろゆき)/マルコム・マクダウェル(中村秀利)/ジェームズ・リプトン(東地宏樹)グレッグ・ジャーマン(山路和弘)/クロエ・グレース・モレッツ/ディードリッヒ・バーダー(龍田直樹)/ニック・スワードソン(梅津秀行)
これでもあれだなぁ…スピード感あふれる迫力の部分って開始5分までの「ツカミ」のとこだから(このへんいかにもハリウッド的),そこばっか目が行くと残りが飽きてくるかも。

この映画のほとんどの部分は,映像的に魅せるというよりキャラクターたちの面白さで引きつけてるとこあるんで,そういう映画だと思って見た方がいいかもね。(ちなみにオレのお気に入りはテレビ局の偉いさんミンディ。あと鳩たちな。映画史に残るハトの動きですぜ笑)

そーだ!この迫力ある劇中劇「スーパードッグBolt」で一本の映画にしちゃった方が面白いよきっと。そしてそれはこの映画を見た人誰もが感じるはず。続編があるとすれば全然違う雰囲気の映画になる予感。

<おまけ>
日本語吹き替え版のボルトの声を佐々木蔵之介がやってるらしいです。ちと興味ある。

ボルト [DVD]

新品価格
¥2,039から
(2013/5/2 12:45時点)




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。