スポンサーサイト - 映像ぴっか!

スラムドッグ$ミリオネア…雨中のコンテナのカット - 映像ぴっか!

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スラムドッグ$ミリオネア…雨中のコンテナのカット




カチンコたったひとつの仕草で人を好きになることがあるように,たったひとつのシーン,いや,たったひとつのカットだけで好きになる映画もあります。
今日は2008年のインド映画「スラムドッグ$ミリオネア」です。オスカーはじめ,いっぱい賞もらったんだってねこの映画。

最初はそんなに好きじゃなかったんだわこれ。「学校にも行けなかったスラム出身の青年が,クイズ・ミリオネア(インドでもこの番組は大人気だそうで)で正解し続けて莫大な財産を手にする」っていうストーリーなんだけど,これが番組の様子とスラム時代の様々な経験が交互に描かれるという手法で物語は進んで行きます。

このやり方がオレは気に入らなかった。このスラム時代のシーンってのはさ,いかにもアジアの映画にありがちな,映画学校の教科書にも書いてありそうなカットの手法というか,そういう撮り方なわけよ。芸術的ではあるけど娯楽性に欠けるようなさ。

それが理由かどうかはわかんないけど,ここにクイズ・ミリオネアの番組という派手な演出を挟み込むことで,見てる人を飽きさせないようにしてると(たぶんだけど)。
でもさ,この番組で出題される問題ってのが,なぜかこの青年がスラム時代に経験したことばっかりなわけよ。このご都合主義的な作りがバレバレなので,オレ的には「ちょっとこれは…」って感じちゃったんです。

ところが,2回目見た時にちょっと印象が変わりました。ある1カットのおかげです。
主人公の少年時代,貧しいながらも母や兄と楽しく暮らしていたある日,イスラム過激派の集団が村を襲う。目の前で母親が殺され,兄と2人で逃げる途中,同じ境遇でぽつんと立っている少女と出会う。選択の余地はない。少女の手をとって逃げる3人。

なんとか逃げ延びたものの,兄弟が行く場所はもうなかった。古いコンテナの中で兄弟が話をする。少女は離れたところに一人立っている。雨が激しく降っている。
「女なんか連れてくんな!あいつがいるとこっちがヤバい」と兄が向こうをむいてふて寝するのを見て,主人公が少女を手招きする。少女が雨の中を小走りにコンテナにやってくる。
このカットです。(説明長い笑)

デーヴ・パテール/アーユシュ・マヘーシュ・ケーデーカル/タナイ・チェーダー/マドゥル・ミッタル/アズハルッディーン・モハンマド・イスマーイール/アーシュトーシュ・ローボー・ガージーワーラー/フリーダ・ピントー/ルビーナー・アリー/タンヴィー・ガネーシュ・ローンカル/アニル・カプール/イルファーン・カーン


手前で横になってる兄にずっとピントを合わせてるんで,遠くからトコトコ走ってくる少女が,雨の中からぼやーっと浮かび上がるっていう感じの撮り方なんよ。この画の美しさになぜかやられちまいました。
映画全体はマイナスだけどここはプラスだから,結局はプラマイゼロって感じの映画かな。

<おまけ>
エンドロールではマサラムービー全開のダンスが始まります。ここはさすが本場って感じで楽しかったっす。このシーンはあのA.R.ラフマーンの監修っぽいぞ。

スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray]

新品価格
¥2,346から
(2013/5/2 12:47時点)




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。