スポンサーサイト - 映像ぴっか!

252 生存者あり…「さっき汚しました」な感じ - 映像ぴっか!

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


252 生存者あり…「さっき汚しました」な感じ




カチンコ2008年の邦画「252 生存者あり」です。

いわゆる救出モノですな。この手の映画で最近のやつと言えば,2006年ニコラス・ケイジの「ワールド・トレード・センター」があるね。どっちもストーリーは大して変わらないし(そりゃそうだ),びっくりする結末があるわけじゃないのもわかってるわけで。そうなると各シーンの完成度が試されることになるわけで。

なんか評判良かったんでしょこの252って。それなりに期待して見てみましたが…。
なんていうか,邦画の悪いところがずいぶん見えるような作りで…ちょっとがっかり。
いやまず断っておくけど,なかなか頑張って作ってるとは思いますよ。CGもセットも。津波や台風でむちゃくちゃになった東京の街もちゃんと作ってる。

でもこう…壊れた街とかがアップになると,壊れたっていうより「壊しました」って感じに見えるんすよ。レスキュー隊の汚れた制服とか見ても「さっき汚しました」って感じなんだわ。
役者さんたちの服も顔もきれいなままだし,多少顔が黒くなってても,それはやっぱり「黒くしました」っていう感じで。
伊藤英明/内野聖陽/山田孝之/香椎由宇/木村祐一/MINJI/山本太郎桜井幸子/大森絢音/松田悟志/杉本哲太/西村雅彦/温水洋一阿部サダヲ/ルー大柴/半海一晃/中根徹/木原実/笛吹雅子
ハリウッドと比較しちゃかわいそうなのかもしんないけど,ワールド・トレード・センターの時は,あらゆる部分がほこりまみれで,最後の方なんかニコラス・ケイジかどうかすらよくわかんないほどドロドロだったしな。救助隊の汚れ具合にしてもさ,泥で汚してまた乾かしてまた汚してってのを繰り返したと思わせるほど,あるいはひょっとしたら撮影の間じゅう洗濯してないんじゃないかと思わせるほど,もとの色なんてわかんないほど,それほどまっくろけ。252とは格が違う。

252はストーリーも微妙だなぁ。主要人物がそんなに多い映画じゃない割には主人公の家族ばっかり出てきたり。地下に閉じ込められた5人の中に,元レスキュー隊もいるし研修医もいるし,輸血に必要な凝固防止剤を偶然持ってる人もいるし笑
高架橋が粉々になるほどの津波なのになんで地下に生存者がいるんだよとか,「死者・行方不明者1300人」って普通にテレビで放送してるけどなんでそんなのすぐわかるんだよとか,バックに映ってる報道スタッフがまったく危機感のない動きだよねとか。てかフジテレビぶっこわれたのにそんなのんびりしてていいのかよ日テレぇとか(←日テレ制作の映画です笑)
新橋まで津波が来たんなら都心は大パニックだろうから,二次災害も考えると1300人じゃなんぼなんでも少ないだろとか,そんな状況なのによく消防庁とか気象庁の連中はパッと移動できたねとか。
あー疲れた。ひとつアラが見えると次から次へとおかしなところが見つかっちゃうという典型の映画っすね。

いやもっかい言うけど,頑張ってるとは思いますよ。「オマエ偉そうにそんなん言うなら作ってみろや」って言われても作れませんよ笑 でもまぁやっぱこっちはプロの仕事のすごさってのを見たいわけで。
いやわかりますよ。確かにすごいんですよ。劇場でお金払って見たわけじゃないから文句言えませんよ。でもさぁ…(しつこいから)

ということで,「オススメせず」としておきますあせあせ

252 生存者あり [DVD]

新品価格
¥2,088から
(2013/5/2 12:50時点)




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。