I am Sam…音楽よりも鮮やかな色が印象的 - 映像ぴっか!

I am Sam…音楽よりも鮮やかな色が印象的




 これ見たかったんだよー。
やっと「アイ・アム・サム」を見られました。2001年の作品。

7歳児と同等の知能しかもたない知的障害者のサム(ショーン・ペン)。
そんな彼に娘が生まれた。だが、退院と同時に母親は姿を消す。
それでも、娘のルーシー(ダコタ・ファニング)は
サムの大きな愛情に包まれて成長していた。
そんなある日、ルーシーは突如として児童福祉局の職員に連れ去られてしまう。
サムには父親として子育て能力がないという判断だった。
愛するルーシーを取り戻すためのサムの闘いが始まる…

ショーン・ペン/ミシェル・ファイファー/ダコタ・ファニング/ダイアン・ウィースト/ローラ・ダーン/ロレッタ・ディヴァイン/リチャード・シフ/ダグ・ハッチソンスタンリー・デサンティス/ブラッド・シルバーマン/ジョセフ・ローゼンバーグ/チェイス・マッケンジー・ベバック/メイソン・ルセロ/ケン・ジェンキンスボビー・クーパー/キャロライン・キーナン/ウェンディ・フィリップス/メアリー・スティーンバージェン/ロザリンド・チャオ/マイケル・B・シルバー

けっこう重いテーマのはずなんだけど、作品全体の雰囲気はとっても軽快です。
ゆっくりゆっくり話すサムに対して、まわりの人たちが早口でしゃべるし、
カット割りもめまぐるしいからだろうね。
特に敏腕弁護士リタのマシンガンっぷりはすごいな笑

この作品の良さは、
何と言ってもショーン・ペンとダコタ・ファニングの演技力なんだろうね。
この2人が枠の中にいるだけで、他とは全く違う存在感、てか安心感が漂う。

演出的に決して泣かせよう泣かせようとはしてないのも好感が持てました。
それほど派手な事件が起こるわけでもないから、大泣きもしないわけね。
ただただずーっとホッとする感じ。

最初から最後までこういう暖かさに包まれるので、すごく心地いいんです。
(序盤、ルーシーの「different 読めないふり」のシーンですでに号泣だったけど笑)

さて、この映画はその音楽に注目が集まりました。
ビートルズのカバー曲がたくさん出てくるってことで。
確かに音楽も軽快。重々しい音楽のシーンはひとつもなかった。

でもね、実はオレが感動したのは音楽よりも「色」でした。
裁判所なんかは「青」、サムとルーシーの2人だけのシーンは「オレンジ」のように、
シーンごとにはっきりと色を使い分けてます。
まるでサム自身の心がそのまま色になってる感じかな。

見てて温かい気持ちになれる最大の理由はこの「オレンジ」かもしれません。
自信をもってオススメです!

I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]

新品価格
¥5,500から
(2013/5/2 13:14時点)




FC2Ad