スポンサーサイト - 映像ぴっか!

レインメーカー…法廷ものはマット・デイモンに合うよな - 映像ぴっか!

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レインメーカー…法廷ものはマット・デイモンに合うよな




 マット・デイモンってさ、顔が「ちょっと頭よさげな若造」って感じなんで、
映画の役もそういうのが多いよね。

今日は1997年の「レインメーカー」。
オレこういう法廷サスペンスものって好きなんだよね。
この作品でも、マット・デイモン演ずる新人弁護士ルーディが、
大手保険会社の不正に立ち向かうというのが本筋。

この作品のポイントは「緩急」だと思うな。

依頼主は、将来ある息子さんが白血病で病床にある家族。
保険会社から支払いを拒否されているため、
非常に貧しい暮らしを強いられてるのね。

この一家がさぁ、これまたいい家族なんだわ。
お父さんは引きこもっちゃってちょっとヘンなんだけど、
何も語らずとも息子のことを愛しているのがガチッと伝わるシーンがあったり。

残念ながら裁判中にこの息子さんは亡くなってしまうんだけど、
最後までこの家族の温かい愛がストレートに伝わってくるようでした。
ここまでが「緩」。

これに対して、法廷のシーンは「急」です。
大弁護士団を率いて余裕たっぷりにルーディの首を絞めてゆく被告側。
新米弁護士など足元に及ぶ気配もない。

ところが、思いがけない証人を見つけて、ルーディが逆転して有利になるんです。
最後は完全勝利で全米の注目を浴びる。
壮絶かつ痛快な法廷シーンでした。

この「緩」と「急」が交互に繰り返されて、ぜんぜん飽きない作りだったなぁ。

マット・デイモン/クレア・デインズ/ジョン・ヴォイト/ダニー・デヴィート/ミッキー・ローク/ロイ・シャイダー/ヴァージニア・マドセン/メアリー・ケイ・プレイス/ジョニー・ホイットワース/テレサ・ライト/エイドリアン・ロバーツ/マイケル・ジラルディン/ダニー・グローヴァー

さて、オレがこの作品を気に入ったのは、もう一つの「急」のせいでもあります。

ここまでの作品紹介を読んでると、すっごいマジメな映画って感じするしょ?
実はそうでもないのよ。けっこう散らかしてる部分もあるんです。

ロースクールを卒業したばかりのルーディは、
コネも金もないので、悪徳弁護士界のボスみたいなやつの
事務所にやっと職を見つける。
アメリカってさ、交通事故が起こると救急車よりも先に
弁護士が現場に到着するらしいけど、まさにそんな感じの事務所。

司法試験を控えてる新米ルーディは、
ボスから病院の待合室で勉強するように言われる。
もちろん金になりそうな客をつかまえるためね。

相棒のおっちゃんデックも面白いぞ。
司法試験に落ちまくってるのに堂々と法廷に立つ強者。
裏社会に通じてるから、証拠を手に入れる能力はピカイチです。
もちろん違法な手段でな笑

うん。こいつは「緩と急」、「陰と陽」がテンポ良く展開する
上質の映画だと思いますよん。

<おまけ>
病院で知り合った、DV被害者の奥さんと恋に落ちる
っていうサブストーリーもあるんだけど、正直これは必要なかったかな。
でもこの奥さんかわいいから許す笑

レインメーカー [DVD]

中古価格
¥1,113から
(2013/5/2 13:33時点)




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。