パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド…真面目になったね - 映像ぴっか!

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド…真面目になったね




いや、思ったより面白かったよ。
なんだかんだで劇場公開を逃した「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」です。

見に行った人たちからは「盛り込みすぎててなんかよくわかんない」だの、「ジョニー・デップがあんまり出てこなかったー」だの、そんな不満の声を聞いてた状態で見始めました。
で、これらの指摘は正しいと思ったよ。盛りだくさんだし、ジャックもさほど出てこない。
でもオレにとってはそれは影響ナシ。むしろ、大好きなバルボッサ船長とかティア・ダルマの登場シーンがたくさんで嬉しかったっす。

あと、2作目と違って「人vs人」というか、「船vs船」だったのも良かったわ。見る前はてっきりみんなでクラーケンをやっつけるもんだと思い込んでたんで、またあのヌルヌルで巨大な足のCG見せられんのかよーって思ってたんすよ。したらクラーケンはあっさりと死体で砂浜に打ち上げられてて全く登場せず。ホッ。
ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ/ジェフリー・ラッシュ/チョウ・ユンファ/ビル・ナイ/ジャック・ダヴェンポート/ステラン・スカルスガルド/トム・ホランダー/ジョナサン・プライス/ナオミ・ハリス/ケヴィン・マクナリー/リー・アレンバーグ/マッケンジー・クルック/デイヴィッド・ベイリー/マーティン・クレッバ/デイヴィッド・スコフィールド/レジー・リー/ドミニク・スコット・ケイ/キース・リチャーズ
ただ、ちょっとマジメに作りすぎかなぁって感じもしました。もっともっと腹かかえて笑えるシーンが多くても良かったかと(あでも、最後の方は楽しかった)。
死者の世界でのジャックの幻覚みたいなシーンも、ヘンではあるけど別に笑えないしね。
エリザベスが活躍しすぎなのもちょっと非現実的。てか、今までって乗組員の中にもっと女性がいなかったっけ?なぜか今回はエリザベス紅一点だよね。しかも世界の海賊たちのボスになっちゃう。やっぱそれはやり過ぎかと。

このシリーズって、毎回エンド・クレジットのさらに後におまけが用意されてて、けっこうニヤっとする粋な感じだったんだけど、この3作目はかなり残念なシーンでした。エンドロールでさんざん引っぱった挙句に、誰もが予想できるような話がポンと出てくんのよ。

ということでまとめ。「海賊モノの王道まっしぐらっていう作り方だけど、シリーズならではのおちゃらけた面白さがなくて微妙」でっす。悪くはないんだけどねもちろん。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド [Blu-ray]

新品価格
¥1,755から
(2013/5/2 23:38時点)




FC2Ad