容疑者 室井慎次…室井さんだからこそこの緊迫感でいい - 映像ぴっか!

容疑者 室井慎次…室井さんだからこそこの緊迫感でいい




  柳葉敏郎/田中麗奈/哀川翔/八嶋智人/吹越満/柄本明/佐野史郎/北村総一朗/斉藤暁/小野武彦/真矢みき/筧利夫/升毅/中原丈雄/大河内浩/寺泉憲/河西健司/矢島健一/浜田晃/小木茂光/大杉漣/並樹史朗/津嘉山正種/大和田伸也/高橋昌也/品川徹/山崎樹範/野元学二/しのへけい子/田鍋謙一郎/水谷あつし/長坂周/海老原敬介/須永祐介/松永玲子/佐藤恒治/野間口徹/村上航/田仲洋子/田中圭/伊達暁/木内晶子/モロ師岡/矢嶋俊作/武田まる美/山浦栄  

「容疑者 室井慎次」です。2005年の作品。
これさ、「交渉人 真下正義」とあわせてけっこうコケにされたじゃん。踊るシリーズを語るなやーとか。
オレも、真下は全然面白くなかったってか、オマエ全然交渉成功しとらんやんけーっていう緊迫感の無さとか、踊るシリーズのふざけた感じが中途半端ってか、まーとにかく嫌いだったんよ真下は。
だからこの室井の方もほとんど期待してなかったんね。

見終わってまず「いや待て、オレ嫌いじゃないぞこの映画」と思いました。
確かにまったく「踊る」の空気はなくなっちゃったわ。セリフの間隔がめちゃめちゃ長いし、音楽もほとんどない。ピリピリと緊迫した感じで映画は進んでいきます。これを「退屈だ」って感じる人もいるだろうけど、青島が出てこないんだから、おちゃらけた感じはいらないんじゃないのかな。

けっこうストーリーも複雑だよ。

あるお巡りさんが殺人容疑で事情聴取を受けてる最中に逃げて、トラックにはねられて死んじゃう。上層部はこれをあんまり表に出したくないんで、物取りとしてさっさと幕引きをはかるんだわ。
この事件の捜査本部長が室井管理官だった。で、事件の証拠品を調べてるうちに、被害者と被疑者が同じ物を持ってたことに気づいた。つまり単なる物取りじゃなかったわけよ。室井管理官は捜査の続行を命ずる。
ところが突如、室井は逮捕されちゃう。その理由は、事情聴取中に死んじゃったお巡りさんのお母さんが、「不当な取り調べだ」として告訴したからなんだわ。ところが、この裏には大きな力が動いていた。それは…

って感じです。

オレが気に入ったのは、緊張感の増す「間」の置き方と、役者たちのうまさに裏打ちされた登場人物の面白さ。
室井(柳葉敏郎 )と新城(筧利夫)というおなじみの若手キャリアに加えて、オレが地味に好きな沖田管理官(真矢みき )が再び出てきます。レインボーブリッジ封鎖の時に失脚した人ね。彼女が今回は室井管理官のためにいろいろ手をつくしますよ。
敵方の弁護士軍団も面白いね。八嶋智人と吹越満の存在感がやはり大きいです。
室井を弁護する津田弁護士(柄本明)はもちろん、担当の新人弁護士(田中麗奈)もちゃんと芝居できてます。
地方検察庁のちょっとイカれた検察官には佐野史郎。室井を慕い、現場を仕切る巡査部長には哀川翔。彼らも、あまり前に出過ぎない芝居で好印象でっす。

そうなんだよ。みんな演技が上手だから間が持つんだよねきっと。織田裕二のように派手な演出が似合う人もいるし、この映画のように抑えた演出がハマる人もいると。
そういう意味では、おんなじような間を持つ「模倣犯」とはわけが違うぞと思った次第です。
(模倣犯は駄作として有名だね笑。そのうちツッコんであげたい。)

はい結論。キャリアのお堅い世界の描き方としては正解。そういう意味でやはりこれは「踊る」なのです。

容疑者 室井慎次 [Blu-ray]

新品価格
¥3,621から
(2013/5/4 09:59時点)




FC2Ad