スポンサーサイト - 映像ぴっか!

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT…トーキョーてこんなんだっけ? - 映像ぴっか!

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT…トーキョーてこんなんだっけ?




ルーカス・ブラック/バウ・ワウ/ナタリー・ケリー/ブライアン・ティー/サン・カン/レオナルド・ナム/ブライアン・グッドマン/千葉真一/北川景子/ヴィン・ディーゼル/妻夫木聡/虎牙光揮/土屋圭市/KONISHIKI/真木よう子/柴田理恵/こんどうえみこ/中川翔子    

「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」だよ。2006年の作品です。
ワイルドスピードってさ、1も2もけっこう面白かったんだよな。なんだかんだでクルマがかっこいいしな。
でさ、劇場でこの TOKYO DRIFT の予告編見た時、「なんだこりゃぁ!」ってなったのが、妻夫木が出てくるあのスタートシーン。
そばにいるぶっさいくな日本人おねーちゃんの「レディ、セットぉ」の発音があまりにも下手くそすぎるし、妻夫木の得意げな顔がなんともムカっときてさ、完全にバカにしてこれまで見なかったんすよ。

えーとね、けっこう面白かったわ笑。いや待て、正確には「くだらないとことメッチャ面白いとこが同居」って感じだな。
まず良かったとこ。その名の通りドリフトがすげー。序盤の地下駐車場での壁ギリギリのドリフトとかあり得ないもんな。もちろんインチキなしの実車で撮影してるそうです。
終盤の街ん中(東京ね)でのカーアクションは無理なので、残念ながら背景は合成だそうですが、それがわかっててものめり込めるほどのテクニックですわ。うん、満足。

バカらしかったとこ。はい、この手のものにありがちですが、日本の描写が徹底的におかしいです。てか絶対これ狙いでやってるよ。そもそも日本人の主要メンバー全員中国人っぽいしな。いっこも日本語しゃべれてない。
駐日のアメリカ海軍にいるはずの主人公の親父がさ、下町ふうの木造住宅に住んでんだぜ笑。
銭湯では下半身をバスタオルですっぽり包んで隠してます。
コギャルたちが救いようないほどブサイクです(あ、これはホントか)。
都立高校に黒人やらメキシカンっぽい女の子やら、白人のアメリカ人とか、そんな人たちがいても周りの生徒たちは何の反応もしません。
そして都立高のくせに学食のバイキングが半端なく豪華です。
メールソフトのメニューの先頭が「警告」です。
割り箸が短いので食べにくそうです。
まぁ逆に、日本を徹底して「狭いところ」と描いているのは面白かったわ。なるほどーってとこもあったし。

途中、ちょっとえーって思ったんだけど、釣り人役の土屋圭市がさ、波止場でドリフトを練習中の主人公を見て、ポツリと「カウンターステアが遅いんだよなぁ」って言うんだわ。これ日本人にとってはなかなか面白いシーンだよね。ドリキン土屋だからこそ意味があるセリフなわけで。
ところが字幕には “You call that drifting?”って出ちゃう。これは「えー!?」だなぁ。いやわかるけどさ。外人さんは土屋圭市なぞ知らんからこういうセリフに変えたんだろうけど、むしろ変えないほうがさ、「この波止場ではドリフトの練習が日常的に行われており、ただの釣り人もドリフトについてかなり詳しくなっている」っていう味のある設定になったのにー。

そうそう、この土屋さんはまだ意味があるから許せるけど、なんで日本人って意味もなくチョイ役で出るわけ?妻夫木も結局スターターだけだし、小錦もやっぱいらないし。ハリウッドの映画人はなんにも言わないのかね。恥ずかしいからやめろとかさ。

ってことで、クルマが出てくるシーンだけつなぎ合わせたらきっと面白いぞっていう映画でした。

<おまけ>
一番ヘンなこと思い出した。主人公とヒロインをご覧ください。
2人とも高校生っていう設定です笑笑

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]

新品価格
¥829から
(2013/5/4 10:09時点)




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。