スポンサーサイト - 映像ぴっか!

コララインとボタンの魔女…「顔入れ替え」の最新技術とは - 映像ぴっか!

ナイン~9番目の奇妙な人形~…カタログ化する双子がめんこい - 映像ぴっか!

Dr.パルナサスの鏡…2010年版「未来世紀ブラジル」 - 映像ぴっか!

サロゲート…ロボットっぽい小芝居が笑える - 映像ぴっか!

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コララインとボタンの魔女…「顔入れ替え」の最新技術とは




 日本では公開されたばかりの「コララインとボタンの魔女」です。

「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」や「コープス・ブライド」のような
ストップモーションアニメによるファンタジー作品なんだけど、
この分野の技術革新には毎回驚かされます。

なによりも主人公コララインの表情がすごい。
この話をするには「ナイトメア~」時代に遡らなきゃなんないっす。
ナイトメアの主人公ジャックもさまざまな表情を見せるんだけど、
これは「人形の顔ごと入れ替える」という手法をとってました。
その数400パターン!

「コープス・ブライド」になると、さらに細かい変化が可能に。
何とリッピング(セリフに合せて口の形が変わる)まで実現してました。
これはね、人形の頭部に細かい機械仕掛けがあって、
耳の穴にドライバーつっこんでくるくる回すと、
口元がちょっとずつ動くみたいな仕組みでした。これもすごい。

そして、今回の「コララインとボタンの魔女」なんだけど、
機械仕掛けではとても出せないぐらいダイナミックに顔の表情が変わります。
ということで手法はナイトメアと同じく、顔ごと入れ替えね。
目を境目にして上下数百のパーツがあるので、
その組み合わせでなんと約20万パターンもの表情が可能だそうです。すげぇ…。

これ作るの大変だぜぇ…と思ったら、そこはやはり技術革新の波が。
コンピュータ上で3Dモデリングした部品を、
3Dプリンター(光を当てると固まる樹脂を使い、
3Dモデリングと同じ形を作り出す)を数ヶ月フル稼働で実現したそうです。
この技術自体は何年も前からあるものだけど、
ストップモーションアニメの「立体コマ」として使ったのは初めてじゃないかなぁ。

ダコタ・ファニング(榮倉奈々)/テリー・ハッチャー(戸田恵子)/ジョン・ホッジマン(山路和弘)キース・デイヴィッド(劇団ひとり)/ロバート・ベイリー・Jr(浪川大輔)/ジェニファー・ソーンダース(小宮和枝)ドーン・フレンチ(宮寺智子)/キャロリン・クロフォード(定岡小百合)/イアン・マクシェーン(斉藤志郎)

さて、この作品の公式HPその他を見てるうちに、あることに気づきました。
普通この手の人形アニメって「CGじゃないぞー」ってのを売りにするわけじゃん?
ところがこの作品はなぜかそれが書いてない。
ほどなく理由がわかりました。実はCG使ってます。
えー!? いやまてまて慌てるな笑

基本はちゃんと1コマずつ撮影してるよ。
ただ、顔の上下パーツの境目にはどうしても黒い線が出るし、
とんだり跳ねたりするキャラたちは、
どうしてもアームで支えなきゃダイナミックな動きは不可能なわけで。

んで、こういう邪魔な部分については、デジタル処理で消してるんだってさ。
これはぎりぎりで許容範囲だと思いました。
(ただし、ろうそくの火もCGなのはやりすぎ)

すっかり映画技術の話になっちゃったけど、
作品自体も不思議なお話で面白かったよ。

好奇心旺盛な女の子コララインが、
ある部屋に隠された扉を通って別の世界へと飛び出す。
そこは、みんな笑って楽しく暮らす夢の世界だった。
唯一の違いと言えば、みんなの目が「ボタン」で出来ていること。
そしてその世界には大きな秘密があった…

てな感じです。
ただまぁ、オレはやっぱこの手の作品は
「うわーこれコマ撮りかよーどんだけ手間かかってんだよー」
ってところに感動するし、
それを味わうのもひとつの正しい見方だと思いますよん。

<おまけ>
これって3D上映するはずだよね。
アームを消す時ってどうやってるのかな。
単に背景を貼り付けるだけだと3Dにならなくない?
3Dになるように「空間のデータ」で消してるんだとしたら、
それはそれでとんでもない技術ではある。

まぁ単に、右目の映像は右目用の背景で消し、
左目は左目用の背景で消してるだけだろうけどな。
でもいずれその場の空間のデータ、
なんなら空気のデータでデジタル処理する日が来るよきっと。


【Amazon オンデマンド情報】
コララインとボタンの魔女 (字幕版/高画質)  レンタル ¥400
コララインとボタンの魔女 (字幕版/標準画質) レンタル ¥300
コララインとボタンの魔女 (吹替版/高画質)  レンタル ¥400
コララインとボタンの魔女 (吹替版/標準画質) レンタル ¥300


コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥1,957から
(2013/5/2 12:07時点)


スポンサーサイト


ナイン~9番目の奇妙な人形~…カタログ化する双子がめんこい




 日本公開はずっと先の5月というこの作品、
これから配給会社の様々なプロモーションで前評判を高めてく時期っすね。
これね、「ティム・バートンが贈る傑作ファンタジー」みたいに宣伝されてるけど、
実際はちょっと違うと思うよ。
まず、ティム・バートンはプロデューサーの1人にすぎません。
んまぁ、彼がお贈りしてることには違いないけどさ。

そいから、「ファンタジー」って宣伝してるけど、ストーリーはこんなんです。
機械文明によって人類が全滅した未来、
人間の心を持つ小ロボットたちは、
ただひとつ残された殺戮マシーンから隠れるようにして、
わずか数体のみ生き延びていた。
機械に奪われた仲間を助けるため、
「9(ナイン)」という名の小ロボットが立ち上がる。
果たして機械文明と小ロボットたちの最終決戦やいかに…。


ね?この作品、ストーリーや世界観は決していいものじゃないんです。
ハリウッドの若手CGクリエイターが研究用に作った短編によくあるような、
そんな映画なわけよ。

ハートウォーミングなファンタジーっていうよりも、
最新CGで実現したSF戦争って言った方がずっと近い。
邦題では「人形」ってなってるけど、
外側が麻袋だし手のひらサイズだってだけで、中身は普通のロボットだし。

確かに彼らは人間の心を受け継いでます。
だから表情豊かにしゃべるし、仲間思いだし、
最後の場面なんかは切ないけど温かい演出です(ここはとっても気に入った)。

でもね、
仮にこの「人形(ロボット)」を「実写の人間」に置き換えてみるとよくわかるよ。
まるでゲームのFFみたいな、
ぜんぜんひねりのないただのSFだということがわかります。

イライジャ・ウッド(浪川大輔)/フレッド・タタショア/ジェニファー・コネリー(斎藤恵理)クリスピン・グローヴァー(平松孝明)/ジョン・C・ライリー(落合弘治)/マーティン・ランドー(伊井篤史)クリストファー・プラマー(石田太郎)/アラン・オッペンハイマー/トム・ケイン/ヘレン・ウィルソン

未来社会で人類が(ほぼ)出てこなくて、
非人類が人類っぽいしぐさで活躍するCG作品といえば…
そう、「WALL・E(ウォーリー)」が思い出されますね。

こっからは独断だけど、オレはウォーリーの方が好きだな。
あれは完全にロボットだけど、その機械部品が実に人間っぽく動くし、
各キャラの見た目がぜんぜん違うから性格づけがすぐに馴染むしね。
あの動きは決して人間の俳優にはできない。
機械だからこそできる作品なわけっすよ。

この「9」にも、1~9までの人形(ロボット)が登場して、
ちゃんと役付けがなされてます。
リーダー格で保守的な1、メカに強い2、
なんでもカタログ化する双子の3と4、片目の5、
絵描きさんの6、しなやかな動きの女戦士7、
でっかい力持ち8、そして責任感の強い9と。

でもなぁ…個性的なキャラがいっぱい出てくるのはいんだけど、
見た目的にたいした違いがないから、
感情移入する前に終わっちゃうのよ(80分という短い作品)。
そっかーだからCGクリエイターの練習みたく感じるのかもしんない。

はいまとめ。
決してダメな映画じゃないし、素敵なシーンもあるにはあるけど、
他にもっといい作品はあるぞということでちょっと辛口。

9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ スタンダード・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥1,957から
(2013/5/2 12:08時点)




Dr.パルナサスの鏡…2010年版「未来世紀ブラジル」




 主演俳優が撮影途中に急死しちゃったという、
テリー・ギリアム監督の最新作「Dr.パルナサスの鏡」です。

テリー・ギリアム監督は「未来世紀ブラジル」、「12モンキーズ」、
ラスベガスをぶっつぶせ」など、硬軟さまざまな作品を手がけてます。
(「12モンキーズ」はめちゃくちゃ好き、「ラスベガス~」はまぁ普通、
「未来世紀ブラジル」は…すいません笑)

ストーリーその他は予告編でも見てもらうとして、簡単に言えば
「悪魔との取り引きで不死を手に入れたパルナサス。
彼の瞑想中に現れる鏡は『理想の世界に入る込んで体験できる』
というものだった…」みたいな感じ。

まぁストーリー的なものもなんやかやあるけど、
結局はこの夢の世界をスクリーン上で体験できるってのが売りだと感じました。

ヒース・レジャー/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/コリン・ファレルクリストファー・プラマー/トム・ウェイツ/リリー・コール/アンドリュー・ガーフィールドヴァーン・J・トロイヤー/ピーター・ストーメア/パロマ・フェイス

この手のガチファンタジーもいろいろあるけどさ、
理解するのが難しくて楽しい作品の代表が
「チャーリーとチョコレート工場」だとするなら、
この「Dr.パルナサスの鏡」は、
理解するのが難しくて楽しくない作品だと言えます笑

これね、別にけなしてるわけじゃなくって、
オレの感性に合わなかったということです。
人によっては大絶賛になるかもしれない作品だと。

なんて言えばいいのかな、
例えばダリの絵を言葉で説明するのがナンセンスなように、
この映像の感想をだらだらここに書いても意味がないんだろうなって。
そんな映画です。
最も近い映画を挙げろと言われれば、
やっぱり「未来世紀ブラジル」になると思いますよ。

主演のヒース・レジャーが亡くなったものの、
友人であるジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが
「鏡の向こう側の夢の世界」を演じることで、どうにか完成にこぎつけたと。

そんな、妥協とも美談ともとれる話をオレはもともと聞いてたんで、
この代役の3人が鏡の中で「現実世界との顔の違いに驚いている」という演技は
逆に不自然だと感じました。

Dr.パルナサスの鏡 [DVD]

新品価格
¥2,407から
(2013/5/2 12:10時点)




サロゲート…ロボットっぽい小芝居が笑える




カチンコ「サロゲート」見ました。つまんね!笑 あまりにチープで笑えます。

人間はベッド上で電脳経由の遠隔操作をし,外見も完璧な分身ロボット「サロゲート」が生活をする。そんな未来社会に起こる陰謀だのなんだのを描いた作品です。

まず何よりも,わずかにロボットっぽく見せようとする小芝居がしつこくてイヤ。それに各シーンの完成度がとにかく低い。テレビドラマの方がまだまし。
ブルース・ウィリスのギャラに制作費のほとんどが吸われたのは明らかっすね。そしてこんな作品になっちゃって彼がかわいそう。
音楽や効果音も久しぶりに最低レベル。絶対これテンプレートまんまだぜ笑
デジタル合成とかCGはよくできてるけど,この程度じゃもうなんとも思わない。

設定が完全に間違ってるマトリクス,あるいはファンタジー色ゼロで魅力もゼロになったアバターといったところでしょうか。

最後まで見るのはけっこうきついと思う。

サロゲート [Blu-ray]

新品価格
¥1,042から
(2013/5/2 12:12時点)




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。