スポンサーサイト - 映像ぴっか!

ミッション・トゥ・マーズ…全部ツッコんでみよう - 映像ぴっか!

シモーヌ…シーンごとの「色合い」には意味がある - 映像ぴっか!

南極料理人…「オーロラ?そんなの知るか」がすべて - 映像ぴっか!

エイプリルの七面鳥…七面鳥とおばあちゃんの「ほっこり」 - 映像ぴっか!

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミッション・トゥ・マーズ…全部ツッコんでみよう




ブライアン・デ・パルマ監督の「ミッション・トゥ・マーズ」です。2000年の作品。これけっこう話題にはなったよね。ほぼ同時期に公開の「レッド・プラネット」よりもずっと有名な気がするなぁ。
ちゅうことで、けっこう期待してたんよ。「レッド・プラネット」は好きだったんで、同じ流れのこの作品もそれなりに楽しいだろうという安易な思い込みで。

ハイこの映画、最悪でした。いやウソ。つっこみどころが多くておもろかった笑
今日はネタバレ関係なしで全部いくどー。

簡単にストーリー紹介するなら、「2020年、人類は初の有人火星飛行に成功する。だが謎の砂嵐のせいでクルーの生存は絶望的な状況に。生きている可能性を求め、そして火星表面での謎を解くべく、新たな救出ミッションが始まった…」って感じ。まぁ普通でしょ?

これって明らかに1998年出版の「惑星の暗号(グラハム・ハンコック著)」で紹介された説をベースにしてるね。火星に衝突した小惑星によって気候が激変して現在の姿になったっていう説ね。んで火星ではシドニア地区の「あの」人面岩(今となっては懐かしい笑)のあたりに超古代文明が存在してて、火星には住めなくなっちゃったんで、火星人は新天地を求めて旅に出たと。そんな流れ。SFならどこにでもあるテーマではある。


まずはわかりやすいとこから。無重力空間でダンスのレッスンをするシーンがあります。このシーン自体はなかなかオシャレで良いっすよ。
でね、乗組員を宙吊りで固定したり、じょうずにくるくる回る装置を使ったりと、撮影もなかなかに工夫してて「へーすげー」って感じではあるよ。ちゃんと無重力空間で踊ってるように見える。
とっころが!けっこう目立つところでティム・ロビンスの腕時計がずるっと落ちるんだよ。あのー確かココ無重力空間ですよね。画面中央だからすぐわかっちゃう。撮りなおせー!


途中に火星ローバーが出てきます。このカットを初めて見たとき、「いやいや速いから!」って笑えたのね。動きが異常に速い。まるでラジコンカーのようにちょこまか行ったり来たりしてんのさ。
おそらくこれは初代ローバーの「ソジャーナ」を参考にして作ってるんだろう(大きさがやっぱラジコンカーくらいだった)けど、ソジャーナが時速18m(キロじゃないよ笑)だったのに比べると何十倍っていうスピードで動いてることになる。すごい進歩だ。
でも実はこっからが大問題。これって有人探査なんで、人間が3人も乗り込める移動用のでっかいでっかいローバーがちゃんとあるんだわ。じゃぁこのソジャーナもどきの存在意義って…


宇宙船の居住区では、円形の大きなモジュールをぐるぐる回すことで遠心力が働くのを利用し、人工重力を生み出しているという設定。ここでおかしいことが2つ。

まずはわかりやすいとこからね。クルーがはしごを上って回転の中心部分へ行くシーンがあるんだけど、その時「普通に」はしごを上っていくのね。え?わかんない?遠心力ってのは中心から離れるほど大きいしょ?ってことは逆に、回転の中心に行くにつれて遠心力は小さくなっていく。で、中心まで行くと遠心力(=人工重力)はゼロになるはずなのさ。だからホントは、はしごを上る(中心に向かう)につれて、ふわふわ浮き始めないとおかしいのよ。そんなそぶりは全くありません。コンコンコンと軽快に上がってく。

もひとつ、このシーンは実際に大きな円形モジュールを回転させて撮影をしてるんだけど(これ「2001年宇宙の旅」のマネだよね)、見てすぐわかるのは、明らかに「回転が遅い」ってこと。あんなウキウキと歩けるわけない(普通に歩けてるのはもちろん地球上で撮影してるからですが)。

これ実際にどのぐらいの人工重力が生まれるか計算してみたいと思ってたっけ、幸いにも、メーキングの中で特殊効果の監督が自慢気に数字を披露してくれてます。それによると「直径11m、毎分6回転」とのこと。これ実際に計算すると、重力加速度が2.17と出ます。地球上が9.8だから、ここの人工重力は地球上の約22%、つまり4分の1から5分の1しかないわけだ。ほら、歩けないでしょ?

逆に、地球上と同じ重力を生み出すには毎分何回転させればいいかは宿題としておこう。答えはあえて言わないけど「撮影は不可能」とだけ。


まだまだ続くぞ。船体の傷を調べようと船外活動していたクルーに、中の技術者がこう言う。「そろそろ火星の重力圏だからすぐ船に戻るんだ」と。それに従って急いで戻る飛行士。

このシーンはむちゃくちゃだなぁ。船に戻るとき、視界いっぱいに広がる火星を見て「美しい」なんて言うんだけど、はーいまず1つめ。その距離ってとっくに重力圏内だと思うぞ笑。今さら船に戻ったところで地表に激突するだけだから、もっとゆっくり美しい火星を鑑賞しとけばよい。

2つめぇ。惑星に向かってまっすぐ(地表に垂直に)進入するなんてNASAはどんな神経してんだよ笑。普通はすごく浅い角度で(つまり横から)進入するもんだろ。そして周回軌道にしばらくとどまった上で、着陸場所を探したり、いい気象条件を待ったりするもんじゃねーの?周回軌道にいときゃ慌てずゆっくりと船外活動もできたろうにー。


おかしなとこの極めつけはクライマックスにありました。ちょっと詳しめに説明しよう。映画では、古代の火星人がDNAを地球に打ち込み、その微生物が徐々に進化して最終的に地球人になったっていう設定。このあたりは1996年のNASAによる「火星隕石に生物の痕跡の可能性アリ」の発表がベースやね。

さてこの超古代火星人、どうして自分たちのDNAじゃなくてわざわざ微生物のDNAを地球に送ったのかはまぁ目をつぶるとして、その後地球で進化した人類が、なぜ超古代文明の火星人と同じく二足歩行で、顔つきまでそっくりになると予測できたんだろう。巨大隕石で恐竜が滅び、哺乳類が生き残るとどうしてわかったんだろう。どうしてしっぽが退化するとわかったんだろう。
それほどにこの火星人と地球人、似すぎですわ


んまぁ細かいのはまだまだキリないけど、なんだかんだでけっこう楽しんでるオレなのでした。


【Amazon オンデマンド情報】
ミッション・トゥ・マーズ (字幕/高画質)  レンタル ¥400/購入 ¥2,000
ミッション・トゥ・マーズ (字幕/標準画質) レンタル ¥300/購入 ¥1,500



スポンサーサイト


シモーヌ…シーンごとの「色合い」には意味がある




2002年の「シモーヌ(S1m0ne)」です。
あ、表記がSimoneじゃないのはわざとだよ。
天才プログラマーによって作られたデジタル美女シモーヌ
(文字通り「絶世の美女」だな笑)に出会った映画監督のお話なんで、
1と0を使ってお洒落してるわけね。
これって最近のドラマ「NUMB3RS」でもやってるな。
ちなみにシモーヌ役のレイチェル・ロバーツは
NUMB3RSにもこっそり登場するんだよね。

監督は「ガタカ」「トゥルーマン・ショー」「ターミナル」のアンドリュー・ニコル、
主演はアル・パチーノ。
あくまでコメディなのでリラックスして見られます。

[ストーリー]
すっかり落ちぶれ、女優にも見放された映画監督タランスキー。
プログラマーのハンクによって彼の元に届いたハードディスクには、
監督が理想とする女優シモーヌのプログラムが納められていた。
あまりにリアルなシモーヌに世間はすっかりだまされ、
あらゆるメディアに大絶賛。
まぁ裏ではタランスキー監督が必死で遠隔操作してるんだけどね。
さぁ今さら引っ込みがつかなくなった監督はどうやって切り抜けようとするのか。
そっぽを向かれた家族との関係は…。

ストーリーは実に単純ではある。まぁコメディだしね。

しかし、しかしだ!
ある理由でオレはこの作品を見ながら頭フル回転で画面を追っかけてました。
それは「色」なんです。

これは説明が必要だろうな。
この映画のシーンは、主に3種類に分類されて、
それぞれ独自の色合いをもってるんだわ。
 1.現実社会の「暖色系」
 2.タランスキー監督が創り出す作品(とそのセットも含む)の「青色系」
 3.プログラマーのハンクによるデジタル世界(作業場も含む)の「緑色系」





これね、わずかに色合いが違うとかじゃなくて、
網膜が焼けるほどはっきりした色合いの違いです。
これはきっと制作側からのメッセージに違いないと。
勝手にそう思ったオレは、
いずれこの色合いに矛盾が出てくるだろうと思っててさ。

確かにそんなシーンはありました。
売れに売れてるシモーヌのコンサートシーン。
ホログラムのはずの彼女なのに、画面はなぜか暖色。
それをテレビで見てる元奥さん、彼女の服は淡い緑色。

このあたりで
「ははーん、こりゃシモーヌに人格が生まれて、奥さんが精神崩壊するんだろー」
なんて思ってるんだけど、すぐあとで、
シモーヌがタランスキー監督の意図と違う行動をとったりするんだわ。
ところがだんだん色のルールがおかしくなるというか、ごちゃごちゃとういか、
結局関係ないの?ってな感じで映画は終わっちゃう。

あれ?終わっちゃったよ笑

いや待て慌てるな。
もし、もしもだけど、この色のルールが実際は適用されていたとしたら…
ちょっと別のストーリーが見えてくるぞ。

終盤、警察のある勘違いでタランスキー監督が捕まっちゃいます。
彼はシモーヌの真実を伝えたいんだけど相手にしてもらえないのね。
彼のある行動が裏目裏目に出て困ったことに…。
まぁ最後には家族がなんとかしてめでたしっていう普通の流れなんだけど。

この長い長いシーン、
彼のある行動も、警察の取り調べシーンも、画面は「真っ青」なんです。
おや?青色系ってのは確か監督が創り出す映画の色だぞ?
もしもこの一連の行動がすべて「監督の狙い」だとしたら…
結局彼はシモーヌ、家族というやっかいな2つの案件を
見事に(自分の意思で)解決したことになる。
これが真のストーリーに違いない!

まぁ違うっぽいけどさ笑 でもこういう見方も楽しかったな。





南極料理人…「オーロラ?そんなの知るか」がすべて





「南極料理人」ですよ。
なんかもう、「信長のシェフ」と同レベルのインパクトあるタイトルですわ。
堺雅人主演ってことで、いやが上にも期待が高まります。

予想:
南極という厳しい環境下での遭難。救助を待つ中での料理人の使命とは。
彼の料理が南極の自然を凌駕するのか。
堺雅人の「静」と生瀬勝久の重い演技が光る。

あれ?全然違うな。
旨そうに刺身だの天ぷらだの食いながら「今日暑くない?」と上着を脱ぐ生瀨。
(南極なのに!)とわかりやすく心でつっこむ。
かなりユルい感じでスタート。

で、結局それが最後まで続くだけといえばそれだけ。
悪く言えばぬるいラーメンを2時間かけて食べさせられてるような、
そんな映画「南極料理人」でした。
決して南極物語ではなかった。


  • 南極料理人 堺雅人 きたろう 生瀬勝久



中途半端なんだよなー。
例えばこれがさ、極寒の地で死の淵を覗いた末に生還したあとのおにぎりは美味しいよねってのならわかる。
あるいは、基地にある限られた食材でこんなにも豪華な食事がぁっ!なら納得。

そのどちらでもありませんわ。
けっこう食材も豊富だし、基地の中は意外と家庭的。
つまりは普通の食事を普通の家で食べてる感じなのね。
それを、劇中と同じようなビールを飲みながら
普通の部屋で見てるオレがいると。

唯一違うのはオモテに出るとマイナス70℃でブリザードが吹きすさぶことだけ。

家族や恋人と離れて暮らす8人の隊員、
そのそれぞれに小さな事件が起こる。
慢性的なつまみ食いで食材がピンチに!とかね笑
そこから生まれる本当の人の心の温かさ。
良く言えばそうなるのかもしれないな。

あ、「孤独のグルメ」に似てる感じだね。テンポ的に。
せっかく南極なんだから、もっとドラマチックにすれば良かったのにね。

あでもね、南極ならではっていう小ネタがたくさんあって面白かったよ。
「あー帰りたいわー。西村さん、一緒に脱走しない?」
「え、どこに?」
みないな感じで。

毎日の日課は、曜日ごとに異なるビデオを見ながら、
食堂に集まってみんなで体操。
レオタードのお姉さんを見て、「おおぉぉ」とか
言いながら楽しそうに身体を動かします。
よく見ると1人だけ座ってニヤニヤしながらサボってる笑

すべてネタなんすよ。
レオタード姿を見てホントにおおぉぉって思ってるんじゃなくて、
そうやってみんなで盛り上がるのが楽しいのね。

職場とかでもあるでしょ?
ルーチンワークで楽しんじゃうこと。
そんな楽しさがわかる人なら、
この「南極料理人」は面白いと思うよ。

個人的には、
「それ南極じゃなくてもいいじゃん」って思うだけで。

そうそう、主題歌良かったわ。ユニコーンだねこれ。

ということで、なにやらとっ散らかりそうなので今日はここまで。
決して悪い映画ではないよ。
温厚バージョンの堺雅人が楽しめます。


【今この場で見られる!Amazon オンデマンド情報】
南極料理人 (高画質)  レンタル ¥432
南極料理人 (標準画質) レンタル ¥324


【DVD/Blu-ray情報】




エイプリルの七面鳥…七面鳥とおばあちゃんの「ほっこり」





いい映画っすよこれ。ひょっとしたら有名なのかもしんないけど、
2003年のアメリカ映画「エイプリルの七面鳥」です。
トムと出会う前の若きケイティ・ホームズが主演だよ。

娯楽作ってわけじゃないから、アメリカ映画によくある派手なツカミもなし。
ある家族の日常と、ちょっとやんちゃ風カップルの慣れない料理が始まる。
状況説明みたいなシーンも少ないんで、
2、30分見てるうちになんとなくストーリーがわかってくるねって程度です。
正直最初はちょっと退屈かも。

ところが、淡々とした演技の中で、ふと小さな小さなトラブルが起こるのね。
赤い髪で黒い爪のおねーちゃん(この人がエイプリル)が
七面鳥を焼こうとしたらオーブンが壊れてるとか、
家族みんなでどっかに出かけようとしてるのに、
おばあちゃんが変なこと言いはじめるとか。

そういう些細なトラブルとそれを解決しようとする中で、
人の温かさとか切なさとか、そういう小さな小さなほっこりが積み重なる。
けっこう重い話題も出てくるけど、
ちょっとコミカルな演出なのでイヤな気持ちにはならないわ。

序盤は三谷幸喜の作品に似てるなーって印象を受けました。
余計な演出をせずに、演技とセリフだけでストーリーを運び、
同時に複数のストーリーが進みつつ最後には一本につながる。
群像劇ってほどバラバラでもなく、
ちょっとニヤッとする粋な演出があるという。

ケイティ・ホームズ/パトリシア・クラークソン/オリヴァー・プラット/デレク・ルークアリソン・ピル/アリス・ドラモンド/ジョン・ギャラガー・Jrショーン・ヘイズ/シスコ/リリアス・ホワイト/イザイア・ウィットロック・Jr

ところが中盤からはずいぶん違う印象になってきました。
三谷作品が「小さな小さな偶然が徐々に大きな結末へとつながる」のに対して、
この映画はずーっと小さいままです。
今風のおねーちゃんエイプリルにとっての七面鳥、
そしてその家族にとってのおばあちゃん。

この2つを同じ位置づけの小道具(おばあちゃんごめん笑)として、
最後まで小さな小さなトラブルと小さな小さなほっこりが続く。
逆に言えばそれだけ。

ならばエンディングはしょぼいかというとそうでもないよ。
あとで考えるとごく当たり前のことが起こるだけなのに、
オレは感動してほろほろ泣けました。
「エイプリルーそしてみんなー、本当に本当に良かったねー!」って
声を掛けたくなるほど。

映画ってのは、
非日常というか、非現実的な世界に飛び込むという楽しみ方がある一方で、
いかにも明日起こりそうな身近なテーマに共感するという楽しみ方もあるわけで。
この映画は後者の典型といえるかもしれません。堂々とオススメ!





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。